MENU

精液量が減る原因は?アンチエイジングで対策しよう

精液,量,少ない,増やす

若いカップルの間で、セックスレスや男性不妊が増加しており、今では深刻な社会問題となっています。

 

単純に夫婦仲が悪いのであれば、理由はその通りですが、ラブラブにも関わらず、その問題が起きている夫婦もいます。
その場合の原因は男性の精液量の低下にあります。
実際に専門家の分析でも、最近の20代から40代男性の精液量は極端に減っており、原因としては慢性的な運動不足と栄養不足となります。

 

近頃の若者は本当に過酷な労働条件で毎日勤務しており、満足に栄養豊富な料理を食べる時間的な余裕がありません。
また毎日自宅と会社の往復が続ければ、運動不足になるのが普通です。

 

デスクワークが主になった最近の職場では、真面目に長時間働く男性程、皮肉な事に運動量や食事時間が減り、健康面のリスクが増大します。

 

精液量を増やす方法

精液の量は強いストレスによっても低下します。

 

20代だから、30代だからEDのリスクはないだろうと楽観視するのは危険です。
特に真面目で気配り上手、そして仕事一筋な男性程、リスク回避のため運動をしたり、栄養素を意識的に摂取しなければいけません。

 

ED対策の運動といっても、大げさなものではなく、いわゆるスクワットを毎日少し行うだけでも、十分良い効果が出ます。
スクワットは適度な負荷があり、特別な設備や補助なども不要です。

 

また栄養素の補給ですが、精液を増やす事を意識するならアルギニンがオススメです。
アルギニンには男性ホルモンの活性化を推し進める働きがあります。
精液の増加を支援するのが男性ホルモンの値であり、その継続的摂取が鍵です。

 

精液量を増やすために必要な栄養とは

精液量を増やすためには軽い運動を習慣に取り入れる事、
そして無理をせずに休む時は本当にしっかりと休息を取る事の2点がまず大事です。

 

しかし、最も大事なのは精液の源である栄養素を積極的に得る事です。

 

精液量を増やすためにはマカと亜鉛の2つがとても効果的です。

 

アルギニンを多く含むマカには男性ホルモンの減退を解消する効果があり、継続に摂取する事で減退していた精液の製造量が増加し、睾丸に豊富な量が貯蔵されていきます。

 

そして亜鉛は精液自体の原料であり、男性ホルモンがいくら分泌されても肝心の材料がなければ、増産は捗りません。
毎日しっかりと補給すれば、精液の量が増える事はもちろん、濃厚で濃密な精液が射精出来るようになり、若々しい頃の満足感も取り戻せるでしょう!